3Dプリンタはじめて講座

今や3Dプリンタも低価格で購入できる良い時代になりました。

しかし、さすがに種類が多すぎます・・・

それぞれ値段や性能は違うものの、「はじめて3Dプリンタを買う」という人にとっては、その違いを理解するのは難しいでしょう。

そこで、まずは3Dプリンタをなんとなく理解してもらう為、当サイトでは初心者向け3Dプリンタ『ダヴィンチmini』を使った、3Dモデルの印刷手順・一連の流れを紹介しています。

3Dプリンタを買う前の”予習”として、買った後の使い方を”復習”にも、ぜひご活用ください。

3Dプリンタの選び方 - オススメは「ダヴィンチmini」

3Dプリンタの値段はピンキリで、業務用の高いものだと100万円近くするものもあります。

家庭用3Dプリンタであれば、相場は3万円~5万円ほど。

業務用に比べると、値段が安い3Dプリンタは「目が粗い」「造形できるサイズも小さい」といったデメリットはありますが、目の荒さはヤスリで削ればいいし、大きいサイズは分割して設計することで、ジョイントするなり接着材でくっつけるなりして、なんとでもなります。

「はじめて3Dプリンタを買う」という方にオススメの機種は、初心者に人気があるXYZプリンティング社の「ダヴィンチmini」です。

3Dプリンター ダヴィンチ mini w+(XYZプリンティングジャパン)
最安値・レビューをチェック

値段は安くはありませんが、無料で配布されている3Dデータ作成ソフトも日本語対応で、他の3Dソフトに比べて圧倒的に使いやすいです。

ちなみに、もっと値段が安い3Dプリンタもありますが、それらは色々と注意が必要です。

例えば、値段が安い代わりに自分で組み立てないといけないものも多く、部品を取付けて、配線を繋いで、調整までする必要があります。

特に困るのが、トラブったとき。

ダヴィンチのように持ってる人が多い3Dプリンタだと、Googleで検索すればすぐに解決法が見つかりますが、マイナーな3Dプリンタの場合、ほとんど情報が出てきません。

英語圏のブログまで調べたり、片言の日本語しか喋れないサポートと電話で会話する手間を考えると、安いようで実は安くないです。

3Dソフト(XYZmaker)の基本操作

ダヴィンチminiシリーズで3Dプリンタを扱うには、『XYZ make rSuite』という無料でダウンロードできるソフトを使用します。

まずは、3Dデータを作成する為に、XYZ maker Suiteを起動し、『XYZmaker』を選択します。

基本操作の目次

  1. 視点の変更方法
  2. コマンドの解説

1.視点の変更方法

マウス操作

①初期位置
クリックすると、最初の視点に戻ります。
②グリッド
クリックすると、格子状の線を表示します。オブジェクトの位置を線で把握できるので、位置調整がしやすくなります。
③拡大
クリックすると、オブジェクトに近い距離に視点が移動します。マウスのホイールスクロールを前に動かすことでも、同様に拡大できます。
④縮小
クリックすると、オブジェクトに遠い距離に視点が移動します。マウスのホイールスクロールを後に動かすことでも、同様に縮小できます。
⑤上下左右
右クリックしたまま動かすと、上下左右に視点を移動します。

2.コマンドの解説

①コピー

オブジェクトをコピーする。

②貼り付け

①でコピーしたオブジェクトを貼りつける。

③コピーして貼り付け

オブジェクトをコピーして貼りつける。

④グループ化

複数のオブジェクトを一つにまとめる。オブジェクトの移動やサイズ変更が一括で行えるようになります。※複数のオブジェクトを選択するには、マウスをドラッグしながら囲むか、キーボードのctrlキーを押しながらマウスで順番にオブジェクトをクリックします。

⑤グループ解除

④でグループ化したオブジェクトを分解します。

⑥揃える

複数のオブジェクトの位置を揃えます。複数のオブジェクトを選択した後に、揃える位置を選択してください。※複数のオブジェクトを選択するには、マウスをドラッグしながら囲むか、キーボードのctrlキーを押しながらマウスで順番にオブジェクトをクリックします。

⑦ランド

オブジェクトを地面にぴったり接地させる為の操作です。データの作成が終わったら、この操作を行いましょう。

⑧ミラー

選択したオブジェクトと同じものを対称の位置に作成します。ミラーボタンを押した後、オブジェクトを作成する位置を選択します。

⑨サブトラクト

オブジェクトを切り抜く操作です。最初に切り抜かれる側(形が残る)のオブジェクトを選択し、もう一度、サブトラクトボタンを押します。今度は、切り抜く側のオブジェクトを選択します。

『サブトラクト』は、この3Dプリンタでデータ作成を行うにあたり、使用頻度が高く、最も重要なコマンドです。詳しい使い方は、「3Dデータの作成例」を参考にして下さい。

3Dデータの作成例

実際に3Dモデルを作ってみましょう。

今回は、魚釣りで使うルアーを参考にして、基本的な3Dモデルの作り方を紹介します。

これが完成データです。

さすがに手順全てを解説するのは大変なので、簡単にポイントだけ紹介します。

  1. ベース図形を配置

    最初にベースとなる『半楕円形』の図形を配置します。

  2. サブトラクトで切り抜くための図形を配置

    前方カップ部分をへこませるため、丸い形を使います。へこませる部分に丸い形を配置します。

  3. サブトラクトコマンドで切り抜く

    サブトラクトボタンを押して、ベース形状から丸い形を切り抜きます。

  4. 次のパーツを付け足す

    今度は、背びれのデザインとして『三角形』をボディに配置します。

  5. あとは繰り返し

    こんな感じで、『図形を配置』→『サブトラウト(切り抜き)で形の整え』を繰り返していくだけです。

    最後は、地面に接する部分が平らになるようにしておきましょう。平でないと、造形している途中にバランスを崩して倒れてしまいます。

3Dデータの印刷手順

3Dデータを印刷するときの手順です。

  1. XYZmakerSuiteを起動し、『XYZprint』を選択
  2. パソコンと3Dプリンタを接続
  3. フィラメントロードを選択

    [フィラメント]をクリック、[フィラメントをロードする]をクリックします。

  4. 温度上昇まで待機

    温度が規定温度になるまで数分かかります。

  5. フィラメントをセット

    もしフィラメントがローダーから外れてたり、フィラメントが折れている場合は、トリガーを指で押しながら、フィラメントを入れます。

    ※フィラメントのロードが始まっても、まだ手は離さないでください。フィラメントが自動で引き込みだすまで、ずっと手で押し込むように入れ続けて下さい。

  6. フィラメントのロード開始

    無事、フィラメントが溶けて出てくるようになったら、一旦フィラメントのロードを終了します。

  7. のりを塗る

    台座部分に薄くのりを塗ります。のりを塗らないと、印刷中に造形物がズレたり倒れたりして、印刷に失敗してしまいます。

  8. 3Dデータの読み込み

    造形する3Dデータのファイルを読み込みます。

  9. 3Dデータの読み込み完了
  10. 準備

    左上の[印刷]をクリックし、[準備]をクリックします。

  11. 印刷開始

    [印刷]をクリックします。

  12. 印刷中

    ※100倍速

  13. 完成

    3Dモデルの造形が完了しました。

3Dプリンタのトラブル解決方法

フィラメントが詰まった、フィラメントロード

フィラメントが詰まって出てこなくなったときは、フィラメントローダーのトリガーを手で押しながら、フィラメントを手で強く押し込みます。

それでも出てこない時は、もっと強く押し込み続けます。

今まで数回詰まったことがありますが、分解などしたことはなく、全てこの方法で解決しています。

造形物が途中で崩れる

事前に、台座にのりを塗っていますか?

それでも崩れる場合は、3Dデータの設計に問題があります。背が高すぎたり、バランスを崩しやすいデザインの場合は、二つに切り分けて印刷しましょう。

XYZprintで3Dデータを読み込むと形状が変わる

『XYZmaker』で作成したデータを『XYZprint』で読み込むと、形が変わる場合があります。

その際は、『XYZmaker』でファイルを保存するときの拡張子を変更してみてください。

選べる拡張子は、「STL」「AMF」「PLY」「OBJ」「3MF」がありますが、「STL」での保存がおすすめです。

3Dプリンター ダヴィンチ mini w+(XYZプリンティングジャパン)
最安値・レビューをチェック